ネイティブが使う英語の表現を学び、日常英会話に自信をつけよう!【Hapa英会話】

英会話スクールを開講しているJunさん。これまで英語ができなかったけど話せるようになったたくさんの生徒さんを見ており、彼らが話せるようになったコツが学べる「Hapa 英会話」チャンネル。

Hapa英会話のチャンネルのオーナーであるJunさんは、日本とアメリカ両国で育ったハーフ。

Hapaの意味は、ハワイ語で『半分・一部』で、ハーフが教える英会話という意味です。

こんな人におすすめ!
  • 日常英会話ができるレベルの英語力がほしい
  • ネイティブが普段使っているフレーズや表現を学びたい
  • ネイティブ同士のリアルな英会話や異文化に触れたい

英会話スクールを開講しているJunさんは、これまで英語ができなかったけど話せるようになったたくさんの生徒さんを見ており、彼らが話せるようになったコツも紹介されています。

『英語は話せないけど、少しでも話せるようになりたい』という方も、このチャンネルからヒントがもらえそう。

Junさん自身も、語学(日本語)を勉強した経験をもとに、『語学(英語)をかっこよくスムーズに話せる』勉強法がたくさん公開されています。

Hapa英会話チャンネルの特徴・学べる事

教科書英語ではなく、リアルに使われる英語を知ることができる

実際にネイティブとの会話のやりとりが多数含まれており、教科書で習った英語よりもカジュアルな英語を学ぶことができます。

そのやり取りから異文化についても触れることができる点も見どころ!

フレーズや表現を中心に学び練習することで、英語が話せるようになる!

日常英会話でよく使われているフレーズや表現の使い方や、習得方法などを中心にアップされています。

動画で覚えたフレーズや表現は、実際のシチュエーションでも使いやすいので、実際に使ってみたあとに、『英語が話せた!』と自分に自信がついてきます。

さらに話せるようになることで、『英語が楽しくなってきたからもっと勉強しよう!』と思えることも、Hapa英会話の特徴。

こんな方はちょっと注意が必要

Hapa英会話は、【フレーズなどを学んで実際に話せるようになりたい】という方向けの印象が。

英語の発音やリスニングに特化して学びたい方は、サマー先生と英会話ドクターDイングリッシュなどを観ると良いかもしれません。

ほんタメ編集部で実際に試してみた

英語で話しかけられたとき、頭の中で英語での回答を難しく考えてしまい、すぐに返事ができないことがあります。

普段、英語を学んでいてもいざというときに使えないことも…。そこで、英語をパッと話せるようにするため、Junさんの提案する【瞬間翻訳】を試してみました。

すぐに英語での返事ができない理由は、頭の中で言いたいことを完璧な英語訳にしているからだと言うJunさん。そこでオススメする方法は、『瞬間翻訳』という方法です。

瞬間翻訳:日常で使いたいフレーズなどを予めすぐに口に出せるように練習しておき、会話をするときに瞬間的にそのフレーズを使うことです。

例えば、遅れる=going to be lateとよく言っている私。

そこで、今回覚えたいフレーズである、遅れる= running lateに置き換えて、瞬間翻訳の練習を以下のようにしました。

  • ちょっと遅れる:I’m running a little late
  • 10分遅れる: I’m running ten minutes late
  • 1時間遅れる: I’m running one hour late

このフレーズを毎日練習し、考えずにパッと口に出せるようになることが大切。

この他にも、自分の使いたいセンテンスやフレーズ、表現などをメモして、それをもとに、上記のように瞬間翻訳トレーニングを行ってみましょう。

良かった所・悪かった所

良かった所
この方法で、上記の【遅れる】という表現の英語が自然と使えるようになりました。また、フレーズを文章にして練習することで、フレーズの丸暗記にもならないことも良い点。

悪かった所
フレーズを毎日練習するための時間の確保と、日常で英語を話す機会を作ることが必要なことです。

これだけは見ておきたい、おすすめ動画3選

How are you?と聞かれたとき、どう答えますか?

238万回以上再生されたこちらの動画では、「How are you?」と聞かれたとき、実際にネイティブの答え方を知ることができます。

「How are you?」は質問文ですが、『Hi!』や『 Hello!』のようなニュアンスであることを感じられます。

カフェでの英会話はこの動画で学べます

海外に住んでいても、カフェで英語でドリンクを注文することに抵抗のある方は多いかもしれません。

なぜならカフェでは、サイズ・Hot or Ice・砂糖やミルクの有無と量・お持ち帰りor 店内など、たくさんの内容が英語で聞かれるからです。

こちらの動画を観て、英語でドリンクを注文することにトライしてみましょう。英語力のアップが期待できますよ!

自分の名前を紹介するときの正しいフレーズ

ネイティブは、自分の名前を紹介するときに「My name is~」を使っていないって本当でしょうか?

結論、ネイティブでもMy name is を使っています。

「I’m~」は1対1でのカジュアルなときの会話に使われており、「My name is~」は、大勢の人がいるフォーマルな場で使われる傾向にあることが分かりました。

実践!こう活用しよう!

Hapa英会話を活用して日常英会話力をのばす、Jurnaling=話す話題について書くという方法をご紹介します。

  1. Small talk(故郷・仕事・趣味・家族・旅行など)→Your favorite(日本人の友人と話すようなトピック)を選んで英語で書き出す
    まずはsmall talkについて、1週間に1つのトピックを選び、15分程度で英語で書きます。(慣れてきたら、Your favoriteのトピック)
  2. できた英文を英語の先生やネイティブの友人などに添削してもらいましょう
    もし、近くに添削してもらえる人がいない場合は、英語で書いた文章をネイティブが無料で添削してくれる、語学学習プラットフォームのlang-8がオススメ。
  3. 1日3回ほど音読し、新しく学んだ単語やフレーズをノートにメモしましょう
    日常から話す練習をしておくと、そのトピックの内容が聞かれたときに、英語で答えることができます。

組み合わせて学ぶのが最短の学習方法!

TOEIC やIELTSなどの英語の試験勉強を行っている方は、Atueigoさんのチャンネルを観ると、試験勉強に特化した具体的な方法が学べます。

同系列のチャンネルとの比較

難易度実践度分かりやすさ
Hapa英会話初心者向け
サマー先生と英会話初心者向け
ドクターDイングリッシュ中級者向け
AK-English初・中級者向け

英語学習法は多数あるので、オススメのチャンネルからあなたに合っている勉強法を見つけてみてください!

まとめ

Hapa英会話の紹介はいかがでしたか?

教科書で習った英語より、さらにネイティブレベルに近づく英会話を学ぶことができると思います。

日ごろからの英語学習を重ねながら、理想的な英会話を実現しましょう!

この記事を書いた人

Rina

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *